効率的に中学受験の算数を攻略しよう

効率的に中学受験の算数を攻略しよう

中学受験において要である科目が算数です。ほとんどの中学校の入試科目で算数が含まれています。そして、中学校の中には算数の配点が他の科目よりも高いところもあります。
算数を制すれば中学受験を制したのも同様といってよいでしょう。

小学校6年間の勉強で対応できるようになっているので、中学受験の算数も恐れることはないと思うかもしれません。
しかし、難関中学ほど、発想力が問われる問題が多く、中には大人でも解答するのに時間がかかる問題もあります。中学受験の算数を、「たかが算数」と甘く見ない方がいいといえます。

中学受験の算数では、計算問題、文章題や図形問題など様々な分野から出題されます。このうち、計算問題は、四則計算がほとんどなので、個別の学習でも対応できると思います。
ただ、文章題や図形問題で、発想力などが必要となる問題では、個別の学習で対応できない場合もあります。この場合、塾や算数専門の家庭教師を利用すると効果的に学習することができます。
発想力が必要となる問題では、どのケースでどのような発想が必要となるのか、ある程度パターン化できます。

例えば、図形問題を解く場合、補助線を引けば解答の道筋が見えてくることがよくありますが、このような「パターン」についてたくさん知っておく必要があります。そして、塾や家庭教師に行けば、このような「パターン」について蓄積があるため、効率的に学習することができるのです。
算数以外にも国語、理科、社会等の科目の学習も必要となります。効率的に算数を攻略していく必要があります。

お知らせ